人体展など~上野をぶらり

先週日曜日の東京は前日の30度超えから一転、
肌寒い雨模様。

前々から国立科学博物館の人体展で時間を潰すつもりで前売り券を用意していたのですが、めちゃくちゃ混んでるという噂を聞いて恐れおののき、
開館の9時よりずっと早く上野へダッシュ。
20180610183220377.jpg 

しかしすでに長蛇の列で整理券が配られ、
結局中に入れるまで一時間以上かかり気分萎え萎え(*_*)

そのうえ、中はもう人でごった返し頭でよく見えない、解説も全然読めない、立ち止まれないからじっくり見られない、つまんなーい(>_<)

隙間を抜けてものの30分で脱出し、空いている常設展をじっくり見ました。
人混みに対する耐性が無い田舎者です(;_;)

娘が一番食いついたモノ
真ん中の赤いヒジキみたいな藻 タマイタダキ? とか言ってたかな…
20180610183213404.jpg 20180610183228449.jpg
何かコレのプチ研究をやったらしい。
東京の科博まで来て一番食い付いたのがこんな地味な海藻って(笑)


一方、私はアニサキスでびっしりの鯨の胃と腸に食いつきましたΣ(゚д゚|||)
※画像モザイク自粛
20180615103517287.jpg
もう鯨やイルカを見る目が変わりますよぅ~((((;´・ω・`)))
お前…可愛い顔して腹の中こんなおぞましいやんけ( ̄Д ̄;;って。


本当は私は東博のほうが好きなので行きたかったのですが、娘は歴史にはさっぱり興味が薄くて拒否られ、仕方なく上野公園でやってたメキシコフェスみたいなのでモヒートとブリトーをつまみ、次は上野動物園をぶらぶらして(シャンシャン行列はもちろん避ける)雨が土砂降りになる頃に羽田へ向かって帰りました。

東京に来るといつも凄く歩くので疲れますね(^_^;)(日頃ほとんど歩かないのを痛感)
そしてその疲れが1、2日空けて3日後くらいにドッと来るという(=∀=)

にほんブログ村
スポンサーサイト

初めての歌舞伎の感想

先週土曜日の東京旅行の際、最初、実は宝塚を観に行ってみたかったのですが(宝塚も未体験)

チケット争奪戦にあっけなく敗れ、取れませんでした(´;ω;‘)ウッ 

あんなん絶対取れへんで…宝塚ゴイスー


てことで初めての歌舞伎の感想覚書です。

正確には地方公演を1回だけ見たことがあるんですけど、娘は初めてでした。

見たのは⬇の夜の部。

kabukiza_201806_ffl_4607bdc5b23519f7a86e5b5c794266fb.jpg

夏祭浪花鑑

これは長い長いお話の中の一部なんですね。
連ドラの中から3話を抜き出した感じの構成でした。
初心者にはちょっと難しかったかな?セリフが聞き取りづらいところもあったのでイヤホンガイドが助けになりました(〃▽〃)
三幕目の長町裏は、糞舅をメッタ刺しにして殺す婿の話でなかなかの凄惨さでした。
まぁ歌舞伎ってストーリーより様式美を楽しむものだと事前に読んでいたので楽しめましたよ^^

我慢に我慢を重ねた婿さんが、糞舅の糞っぷりに、いよいよブチーンと切れて殺す場面に変わるとき、髷はほどけてざんばら、着物は脱げて暗がりに白い肌と全身に彫られた刺青と赤い腰巻きが、この世のものではない何かに変わってしまった感の狂気をめちゃくちゃ醸し出してました。
殺した舅を沼に沈めて水をかぶって我に還った時に御神輿がワッショイワッショイ通りすぎる様子が何とも対照的で取り返しのつかない恐ろしさを補強してましたねー。


巷談宵宮雨

これはまた親代わりに育てた姪っ子をDVするロリコン男が、その姪を変態爺に売り飛ばして
さらに姪の父親(これまた糞親父だけど志村けんの演じる爺さんぽくて笑える)を、その隠し金を奪うために毒殺。
川に遺体を遺棄したところ、偶然同じ場所で姪も身投げしていて、自分が二人を殺したようなもんっていう罪の恐ろしさと、化けて出てきた爺さんの幽霊にビックリして結局自分も同じ川に落ちて死ぬっていう(笑)ワイドショーネタっぽいお話。
こちらはセリフも聞き取りやすくて初心者でもガイドがなくてもすんなり理解できる内容でした。
おどろおどろしい話なのにあちこちに笑いがたくさんちりばめられていて、とても面白かったです。虫よけの煙の臭いが客席まで漂ってきて、暑い夏の昼間の蝉しぐれ、蒸し暑い夜、夏の昼と夜の対比が印象的で、最後に夜の雨の音がどんどん大きくなって救いようのない結末を迎えた雰囲気たっぷりで引き込まれました。

初めての歌舞伎の感想はこんな感じでした(^^)

どっちも救いようのない殺しの話だったのはこういうネタが多いのかしら?季節柄?(;^_^A


にほんブログ村

続・志ま亀さんの振袖~色選び。オマケ付き

娘の振袖を検討するにあたって、ネットで検索しまくって事前に色んな方のお写真を参考にさせていただいたので、私も試着画像を掲載(^^)

いつかどなたかの参考になれば良いな🎵


娘が事前にぼんやりと希望していた色は、ピンク系、オレンジ系、もしくは志ま亀ブルーと言われる水色でした。避けたいのは黒ってことだったのですが…


やっぱり着物を単体で見るのと、実際に羽織って顔に当てて見るのとでは大違いですね~ほんと。



大振りな扇面が豪華な花扇文様。こちらが一番お高い柄だそうです。

20180609231724193.jpg

洗い朱色っていうのかしら。優しいピンクですね。

↓同じ柄でも黒地になるとガラリと印象が変わります。

20180609231156915.jpg


こちらは若竹色の「鈴に折鶴」

こういう大振りの丸っこい柄がポーンポーンと飛んでる柄が好き~個人的に。

20180609231128351.jpg


爽やかな志ま亀ブルーと朱のコントラストが綺麗な「雲取りに貝桶源氏貝」

20180609231136201.jpg

あ、↑この帯だけはウチの自前なので志ま亀さんのものではありません。

ほかの画像で合わせてる帯は志ま亀さんが色に徹底的にこだわって志ま亀のお着物に合うものを作られているそうなので、志ま亀のどの着物に合わせてもピタっと合います。

手織りの素晴らしい帯で、びっくりするくらい軽くて私の持参した↑の機械織のものとは手触りも何もかも違いました。

うちは予算オーバーで帯は買えませんでしたが、もし帯も買われる予定であれば

志ま亀でぴったりのものを一緒に求めたほうが賢いと思います。




少しグリーンがかった志ま亀ブルーで、総柄が可愛らしい「松皮菱に枝垂れ桜」

こちらは比較的リーズナブルなラインでしたよ。小柄なお嬢様向きの柄ゆきだそうです。

20180609231147142.jpg


志ま亀ブルーに「受け身の花笠」

私はこれが一番好きやー.゚+.(・∀・)゚+.

20180609231121171.jpg



色々と試着した結果、憧れの志ま亀ブルーは何だかちょっと娘には似合いませんでした(・ω・;||| 

反面、避けたいと思ってた黒が悪くなかったり意外な発見。


パーソナルカラーがイエローアンダートーンってやつなんでしょうね。

緑がかった青だと馴染むことは馴染むのですがあくまでbetterであって、bestなのは他の色だなというのが比べてみるとよくわかりました。

一瞬で即決した娘にうろたえた母ですが、当ててみると「これだ」としっくりくる色だったんでしょうね。


さてどんな色柄に決まったでしょうか(o‘∀‘o)*:◦♪ムフフ

柄によって価格は決まっていて、地色はお好きな色に染めていただけますよ~(*≧∪≦)




(オマケ)


ついでに…私めもちょいと遊ばせてもらいました(*´∀`人 ♪

やはり私もイエロー肌さんですね、ブルーは全然だめってわけじゃないけど、

より似合う色は別なんだなと実感。

お着物はめちゃくちゃ素敵でしたよ~(*´∀`人 ♪

20180609231754058.jpg 20180609231801579.jpg

一転、黄色系はよく合ったと思うv(o゚∀゚o)v

私が気に入ったのは↓のスッキリした板締め絞り。

20180611113823388.jpg 20180611113746812.jpg 20180611113740567.jpg

お友達も合わせて遊ばせてもらいましたヽ(≧∀≦)ノ

この絞りの飛び柄が可愛いの♪

20180609231746506.jpg


小物も全部志ま亀色でトータルコーディネートできるようになっております。

20180609231833972.jpg


は~実に目に麗しい素敵な時間でした(*´∀`人 ♪



にほんブログ村

東京旅行のときの着物

東京に行ったときの着物の覚書です。

早朝から出発して、志ま亀さんへ行って、それから歌舞伎座夜の部の観劇と長時間。

かつ、この夏一番の暑さ30℃超えでキツかったです:(´◦ω◦`):


出発前のドロドロに崩れる前。

着物は佐志め織物さんのなつきぬ。

20180611105118521.jpg

帯は虫篭の絽の染め帯(リサイクル)

YouTubeで急きょ練習した銀座結び…

前結びして回したので背中がしわしわだし形も変ですが、

どうせこの後汗みどろでグダグダになったので

もう崩壊しなかっただけで形はどうでもいいですわ(*´~`*)

帯枕をするお太鼓より背中はかなり楽でした。

20180611105111585.jpg

帯揚げと帯締めも夏用に。

暑いと思って浴衣用のメッシュ帯板にしたら、この日だんだんと座ってるうちに帯の下線部分が皺くちゃになっちゃいました。要再考です。

20180611105132631.jpg


それにしても…歌舞伎って4時間あまりめちゃくちゃ長いですね(・ω・;||| 

皆さん凄い体力…

私も娘も腰とお尻が痛くて痛くて、眠いのもあって最後の方は若干意識が遠のきました(´∀`*;)ゞ


朝から盛り沢山に予定入れたからかな。

こんなところも行ってみたり(笑)

20180610183239665.jpg 20180611163328131.jpg



にほんブログ村

志ま亀さんの振袖

いやー、眼福でした(*´∀`人 ♪
私の幼なじみも銀座で落ち合って一緒に来てくれました(*≧∀≦*)
20180609231821941.jpg 

20180609231114149.jpg

店主の武内美都さまもいらしてお見立て頂きました(=゚ω゚)ノ
皆さんでワイワイと楽しく話ながら次々と試着。
そして、予想外に娘があっけないほどあっという間に即決(^o^;)

柄を指定して、誂え染めで作って頂くことになりました(о´∀`о)ノ

出来上がりが楽しみ(*≧∀≦*)


にほんブログ村
プロフィール

がっきーはん

Author:がっきーはん
いい年になってから突然きものに目覚め、主に週末きものを楽しんでいるアラフィフの自己満足な日記。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

がっきーはん

Author:がっきーはん
いい年になってから突然きものに目覚め、主に週末きものを楽しんでいるアラフィフの自己満足な日記。

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR