スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

放流着物をハードオフに売ってきました(о´∀`о)ノ

放流決定した着物をハードオフに売ってきました(о´∀`о)ノ

前に色々持っていったとき、レトロな白地の塩瀬の帯や

自分で二部式の作り帯にしたものなんかは引き取り拒否されちゃったんで…
ま、引き取ってもらえればいいやくらいの感じで。
結果は…
 14753845670.jpeg14798808150.jpeg
この横縞の紬(美品)と、よくわからんけど証紙のついた結城紬がそれぞれ1000円。
追記*昔のメモ書きが残ってるのを確認したら、下の結城紬を当時私が落札した金額は、2409円でしたΣ(゜Д゜)充分元は取ったわー🎵
ちょっと使用感のある焦げ茶色の着物と、昭和感たっぷりの赤い塩瀬の帯が
それぞれ500円。
追記*この茶色の着物の落札価格は2100円だった…(^o^;)お買い得やん
 600x450-2015111200032.jpg14801332680.jpeg
まぁ、ネット買い取りショップよりはかなりの納得価格かなヾ(o´∀`o)ノ
もちろん一つ一つ自分でヤフオクとかで売る方がお高い値がつくかもしれないけど、面倒なんで(´pωq`)
しめて3000円。
14801327540.jpeg 
で、代わりにこんなの買ってきちゃいましたー(*´∇`*)
2800円。
14801327420.jpeg
ちょうど無かった礼装用の帯締めと、ついでに可愛かった帯締め (ノ´▽`*)b☆
少しだけタンスがスッキリしました🎵(まだまだだけど…)
どこかで大事に使ってくれる人に貰われていきますように(о´∀`о)ノ
 にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ

にほんブログ村 にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

初めての黒留袖、試しにちょっと着てみました(о´∀`о)ノ

着付け教室の先生が、せっかく頂いたんだから次は黒留袖で練習してみましょうとおっしゃったんで…真面目に事前練習♪

伯母から頂いた黒留袖に袖を通してみました(о´∀`о)ノ
比翼が付いてるかどうか心配だったんだけど、ちゃんと付いてました(^o^;)
広げて羽織ってみて…
 
うわぁぁぁぁ(゜ロ゜;ノ)ノお、重い‼
ズッシリ‼
これが黒留か…。
ズルズルズルズル滑り落ちて、腰ひもを結ぶところからやりづらい‼
これは…自分で着るもんじゃないやねΣ(-∀-;)
プロの着付け師さんに着付けてもらうモノやね~(^o^;)
何とか四苦八苦して取りあえず着てみましたよ。
(留袖用の帯締めも帯揚げも長襦袢も小物も持ってないので、手持ちのもので済ませてます。)
14798805390.jpeg
裾が思いっきり台形に広がっちゃってますねー(;´д`)練習だから許してちょ。
裄が少々短いけど、サイズは何とか合いそう。
14798806930.jpeg
例の使いどころの難しい長嶋成織物の金ぴか鶴の帯を締めてみました。
これも短くて柄出しが難しい帯だったわー(-∀-;)
めっちゃ汗かいた(^o^;) 
帯枕の背中に当たってるところ、寄り上がってるのわかってたけど、崩壊寸前で下から引っ張れませんでした(^o^;)お太鼓デカー(^o^;)
14798807070.jpeg 
留袖用の帯揚げと帯締めは持っていないので間に合わせです、くれぐれも(>_<)
14798807400.jpeg
14798807290.jpeg
刺繍は鳥さんのところだけでした。
格子柄のところは箔です。それでもズッシリ重い。
いや~こんなんでコンテストに出て
留袖を5分で着るとか無理((((;゚Д゚))))
⬅来年着付けのコンテストに教室の皆さんで出るよう先生に勧められてますΣ(-∀-;)無理ですぅ
 にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ

にほんブログ村 にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村

藍染体験♪古い長襦袢が甦る( ☆∀☆)

藍染体験、行ってきました(=゚ω゚)ノ

ここ阿波の国はその昔、藍の生産を独占していた関係で、
の豪商の屋敷とか、の名前がついた公園や町があります.゚+.(・∀・)゚+.
藍染の体験ができる工房もいくつかあるので
旅行にお越しの際はぜひやってみてください(о´∀`о)ノ

工房で用意してくれるハンカチや手拭いを染めることもできますが、
自分で用意した「木綿、麻、絹」でも染めることができます。

何を染めようかな~
とりあえず色々持っていってみよう🎵

14784183250.jpeg 

母から譲られた正絹の長襦袢を解いて嘘つき袖帯揚げにしたもの、
木綿の半襦袢腰ひも
ここには写ってないけど、真っ白のリネンのストール
一緒に行った着付け教室の先輩は古くなった長襦袢を持っていきました。

14784183520.jpeg

こんな感じのスクモから作った藍染液に浸します。
独特の、草木が発酵した匂いがしますが、
想像してたより悪い臭いじゃありませんでしたよ✨
漢方薬みたい。

ここで工房の方がアドバイス。
染まりやすいのは木綿➡麻➡絹の順
絹を染めるのはかなり難しいそうなんですw( ̄o ̄)w

濃い色に染めるには何度も何度も液に浸さないといけないけど、
液がアルカリ性なので絹が傷んでしまうのだそう。
なので、着物の正絹の反物などは、そもそも染まりにくいので、短時間浸しては空気で酸化させる工程を100回以上繰り返さないといけないらしく、更に途中で水洗いして生地を休めたりとても手間暇がかかるそう。
痛まないよう加減しながらムラなく均一に染めるのは相当難しいのですね。
そりゃプロのお仕事ですわ(。>ω<。)ノ

14668561800.jpeg 14668563160.jpeg14765026730.jpeg14783228990.jpeg

私の持ってる藍染の小紋と訪問着も天然灰汁発酵建ての証紙つきです。
ここまで濃い色に綺麗に染めるのにどれだけの手間暇と技術が詰まってるのかと思うと、更に愛着が湧きました(*≧∪≦)
そりゃ~高いはずですよ。。。(お安くゲッツして申し訳ない)


さてさて、そういうわけで、私は無難に白い麻のストールと
長襦袢を解いて切り取った帯揚げの2枚を染めることに。
先輩はダメもとで長襦袢をそのまま丸染めしました。
染め体験料金は麻ストール3000円、帯揚げ2000円、長襦袢5000円でしたよ。

麻ストールは2分間液の中で揉む➡絞る➡広げて空気に触れさせる、を6回。
正絹の帯揚げは浸ける時間が1分で、これも6回。
最後に水洗いして出来上がりです(^o^)
最後の仕上げはやっていただきました~

14784183400.jpeg

水に浸した先輩の長襦袢。
意外にすっごく綺麗に染まったんですよ✨
私も次回は大物を染めたい(*´∇`*)

 14784183630.jpeg

ひとまず絞った状態で体験は終了。
あとは持ち帰ってもうしばらく水に浸けて
(絹は少しリンスを混ぜると良いらしい。)、
完全に灰汁を抜いて、干して、アイロンかけたらできあがり。

そして出来上がったのがこちら(*´∇`*)

元は真っ白だった麻ストール。


14784183770.jpeg

帯揚げ。上が元の色。
 14784292960.jpeg

夜の室内撮りだと綺麗に色が出てないけど、とても良い色に染まりましたーー(о´∀`о)ノ

帯揚げは今度着物を着て合わせてみます(*≧∪≦)
先輩の長襦袢も次回の着付け教室で見せてもらえるかな(о´∀`о)ノ

とりあえず早速ストールだけ巻いてみましたよ✨
下を白のニットにすれば良かったよ…(^o^;)

14784184010.jpeg 


 
にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村 にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村

私の美容衿コレクション☆

わたくしめ、習いに行った着付け教室が装道の先生が指導するカルチャー教室だったので
着物の下は装道の美容ランジェリーを使っています。

装道の美容ランジェリーとは、通常の長襦袢のうち袖と衿が別々の「嘘つき」になっています。

私が持ってる美容衿のコレクションがこちら。
真っ白のは塩瀬と絽塩瀬が二本ずつあります。

14783115140.jpeg 

桜の派手な刺繍美容衿を何故買ってしまったのか…(^o^;)
そ、そのうち娘に譲ろう。

一つ一つの美容衿は数千円~1万円程度。
決してお安くはありませんが、
半襟の縫い付けが死ぬほどめんどくさい❗
絶対やりたくねぇぇぇぇっていう面倒臭がりさんにはうってつけ。
洗うのもポリエステルなので手洗いもしくは洗濯機でガーーー❗でOKです。

14782731680.jpeg 
右が美容襟に差し込む普通の襟芯。左が小衿芯。
美容襟には衿芯は不要だけど洗濯を重ねてクタクタになってくると
衿芯があるほうがいいです。

14782731530.jpeg 

小衿芯はこのように美容ランジェリーの小衿芯差し込み口に差し入れます。
手持ちの長襦袢の衿元をこの様に改造してみるのも良いかと。

14782731420.jpeg 

小衿芯を差し込んだ美容ランジェリーと、衿芯を差し込んだ美容衿をこのように添わせます(着た状態で)
ここがパカッと離れてると着崩れます。
逆にビシッと沿っていると全く衿が崩れません。

ここに出てきたグッズはこちらでも買えます。

美容ランジェリーは袷用と夏用があると便利(*´∇`*)
本麻のものもあるんですよ~
私は七緒の通販で買っちゃいました(*ノ∪`*)


もはや普通の長襦袢を綺麗に着付けられなくなってるので、
母から譲られた長襦袢は
袖だけ取り外してマジックテープを縫い付けて替え袖に改造しました🎵
余った身頃は今度藍染して、帯揚げに変身させる予定(о´∀`о)ノ

藍染のレポートはまた後日致したいと思います(о´∀`о)ノ

にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村 にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村

今季初の羽織でお散歩(о´∀`о)

祝日はお天気は良かったんですけど強風がビュービュー吹いてたので
上に羽織を羽織って出掛けました。
近所を散歩しただけですけどね(。>ω<。)ノ

14781481810.jpeg 
この羽織はネットで小紋の反物を自分で指定して仕立てて貰ったんですけど
この羽織と同じ柄の羽織が、きもの青木さんで売られてたみたい(売却済だった)

この羽織が仕立て上がってきたとき

「ヤバイΣ(-∀-;)、派手すぎた?」
「こんな大柄の小紋を羽織にするなんておかしかったかも…(。>д<)」

と心配になってたんだけど
有名なお店でも仕立てて売られたってことは
私の見立てはヘンテコじゃなかったんだ+゚。*(*´∀`*)*。゚+
羽織として売られてもちゃんと買う人がいる出来なんだ+゚。*(*´∀`*)*。゚+と安堵。

大手を振って着歩けますぜヽ(≧∀≦)ノ


風に掻き回されて髪が乱れております。

14781481970.jpeg 
着物の袖丈が短いので振りから出ちゃうのですな。
クリップか何かでこそっと止めておこう。

羽裏はこれね。
14702319580.jpeg 

帯回り。
この薄っぺらい正絹の帯揚げは結びヅライっす。くちゃくちゃ。
羽織紐の位置が高すぎるのね…
ま、いいや。気にしない(ノ´▽`*)b☆

14781482160.jpeg 

風がとにかく強かったので羽織がないと不安ですね。
裾がめくれないよう押さえなきゃならないのは変わらないけど(。-∀-)

14781481560.jpeg

中の着物はオークションでゲッツした紬。
紅花染めの結城紬って書いてあったけど、そんなのあるの?
まぁ可愛いから何でもいいっす。
ちょっとゴワゴワした真綿紬みたいなので、もっと寒くなってきた時の方がマストかな。

これも裄が足りないけど、裄出しせずにしばらく様子見。
いちいち直すのが面倒になってきましたの・・・。
お金も勿体ないし。
オクで安くゲッツしたものはそのままでいってみまする。

14781481680.jpeg 
背中の皺がひどー(^o^;)
羽織を羽織るとなると適当になっちゃいますね(^o^;)

帯は優美苑さんの型染め名古屋帯
草履はカレンブロッソ。四角い台と真っ赤な色がお気に入り(*´∇`*)

寒くなってきていよいよ着物の季節本番って感じでウキウキしますね✨(*´∇`*)

 にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村 にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村

捨松帯で着付けレッスン

今日は月2の着付け教室でした✨

なんと!今回は❗珍しくいっぱい褒めてもらえましたー(*´∇`*)
やっぱり一番肝心なのは長襦袢(美容ランジェリー)ですね。
衣紋を真っ直ぐしっかり抜いて、
首の横は少しゆったり、
小衿芯と美容衿をきちんと添わせる。

14780905310.jpeg
着物は焦げ茶色のタッサーゴールドシルクの小紋
帯屋捨松の八寸(格安中古)
帯揚げはオウム貝柄
柿色の帯締め

暗い色の掛け合わせはどうかなと思ったけど、意外に合いますね(*´∇`*)
捨松さんの帯はよく見るとどの糸も一色じゃなくて複数の色糸を撚り合わせて織っているので、どんな着物にも合わせやすいんです(о´∀`о)
14780905450.jpeg 
またしても図々しく先生に写真を撮って貰う(* ̄∇ ̄*)
ありがとうございました❤

帯を替えて…

14780905010.jpeg

この色も合うね✨

こちらの帯も捨松の八寸ですが、
こちらは新品同様をオークションで3000円台でゲッツ(*^▽^)/★*☆♪
捨松と表記されずに無名の帯として出品されていたのでほぼ競らずに買えました🎵
自慢せずにはいられまい(о´∀`о)

14780905150.jpeg

柄もピッタンコ合ってる❗(偶然) 

あーーーーーそろそろ着物でちゃんとお出掛けしたいわぁ(。-∀-)

にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
プロフィール

がっきーはん

Author:がっきーはん
いい年になってから突然きものに目覚め、主に週末きものを楽しんでいるアラフィフの自己満足な日記。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

がっきーはん

Author:がっきーはん
いい年になってから突然きものに目覚め、主に週末きものを楽しんでいるアラフィフの自己満足な日記。

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
にほんブログ村 ファッションブログ ふだん着物(和服)へ
にほんブログ村 にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ
にほんブログ村